お知らせ・新着情報

News & Topics

石川県立大学 > 新着情報&トピックス > 入試情報 > 令和3年度大学入学共通テストを石川県立大学試験場で受験される皆さんへ

入試情報

令和3年度大学入学共通テストを石川県立大学試験場で受験される皆さんへ

2021年1月8日

○試験の実施について

令和3年度大学入学共通テストにつきましては、令和3年1月16日(土)、17日(日)とも開門時刻を午前8時とします。

なお、試験当日、天候によっては公共交通機関に遅れが生じることもありますので、移動時間には余裕を持って、受付時間内に試験会場までお越しください。

※試験当日は学生玄関入口付近に各連絡員が待機しており、個別に試験室まで誘導いたします。学生玄関入口については、下記(※1、(※2をご確認ください。

(※1 受付場所のご案内及び学内案内図
(※2 配置図(校舎全体)

 【 その他の注意事項 】

(1) 例年試験前日(15日(金))の学内への立入りを許可しておりますが、今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、試験前日の学内への立入りはご遠慮願います。

(2)  試験当日は午前8時開門予定です。

(3)  今年度は試験場への入場者数や集団の形成を極力抑制する観点から、原則教員・保護者の立入りはご遠慮願います。ただし、受験生への付き添いが許可書により認められている方についての立入りは例外として認めます。付き添い者の控室については連絡員が当日ご案内します。また、受験生控室は試験室と同室となるため、昼食等は自席で取って頂くようお願いします。

(4) その他、試験場における感染拡大を防止し、受験生自身が安心して受験できる環境を確保していくためにも、以下の事項を遵守して下さい。

①マスクの着用

 受験生は発熱・咳等の症状の有無にかかわらず、各自マスクを持参し、試験場では常に着用すること。待機時間等における他者との接触、会話を極力控えること。なお、何らかの事情によりマスクの着用が困難な場合は、あらかじめ事務局教務学生課まで申し出ること。

②自主検温

 試験日の7日程度前から、朝などに体温測定を行うこととし、体調の変化の有無を確認すること。

③医療機関での受診

 試験日の2週間程度前から発熱・咳等の症状がある受験生はあらかじめ医療機関での受診を行うこと。

④受験できない者

 新型コロナウイルス感染症に罹患し、試験日に入院中又は自宅や宿泊施設において療養中の者は受験できないため、当初予定していた日程ではなく、追試験を受験すること。

⑤濃厚接触者の受験可否について

 発熱・咳等の症状がない無症状の濃厚接触者については、以下の条件を満たす場合は別室で受験を認めることとする。

 【受験可能条件】

 (1) 自治体によるPCR検査及び検疫所における抗原定量検査の結果が陰性であること(検査結果が判明していない場合は受験できません。)

 (2) 公共交通機関を利用せず、かつ人が密集する場所を避けて試験会場(本学)へ来ること。

 (3) 受験当日も無症状であること。

   (ⅰ) 37.5度以上の発熱 (ⅱ) 息苦しさ (ⅲ)強いだるさ

   → 1つでも該当すると判断された場合、受験は認められません。

 【申請方法・申請受付期限】

  事務局教務学生課まで電話にて試験前日の10時までに健康観察期間中である旨ご連絡ください。

 【連絡先】

    石川県立大学事務局教務学生課(TEL:076-227-7408)

⑥試験当日における対応

 試験当日の検温で、37.5度以上の熱がある場合は受験を取り止め、追試験等の受験を検討すること。また、37.5度までの熱はないものの、発熱や咳等の症状のある受験生は、その旨を試験監督者等に申し出ること。症状の有無にかかわらず、各自マスク(何らかの事情によりマスクの着用が困難な場合は、あらかじめ本学教務学生課に相談すること)を持参し、試験場では、昼食時以外は常に着用すること。

⑦試験当日の服装、昼食

 試験当日、試験室の換気のため窓の開放等を行う時間帯があるため、上着など暖かい服装を持参すること。また、試験場で食堂の営業等は行わないため、昼食を持参し、あらかじめ指示された時間内に自席で食事をとること。

⑧「新しい生活様式」等の実践

 日頃から、手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三つの密」の回避などを行うとともに、バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠など、体調管理に心がけること。

⑨新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のダウンロード

 「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 ContactConfirming Application)は、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に通知を受けることができるものであり、その後の検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができることから、これを活用することが望ましいこと。なお、通知を受けたことが直ちに濃厚接触者であることを意味するものではないことに留意すること。


PAGETOP