研究所・附属施設・センター

Research Institutes / On-site Facilities / Centers

石川県立大学 > 研究所・附属施設・センター > ゲノム情報利用技術教育センター

生物資源工学研究所

ゲノム情報利用技術教育センター


生命の設計図であるゲノムDNA(遺伝情報全体)は、数十億年に及ぶ生物の進化の賜物であり、無限の情報と可能性を持つと言われています。それを利用すべく研究・教育に取り組んでいるのが、ゲノム情報利用技術教育センターです。
研究・教育・実習の中心は、DNAシークエンスや、そこから得られた遺伝子情報を処理するバイオインフォマティクスに加え、植物や微生物を宿主とする遺伝子操作です。種々の実験・検査機器をそろえており、先端バイオテクノロジー技術に触れることができます。生物のゲノムDNA解析技術、遺伝子情報の分析技術、遺伝子操作技術を習得したDNA分析技術者やバイオ技術者を養成します。

担当教員

三沢 典彦教授、山本 憲二教授、三宅 克英教授、森 正之准教授は兼任

ゲノム情報利用技術教育センターが誇る最新機器

遺伝子やゲノム解析など、
先端技術開発に挑戦する研究者たち

特定の細胞だけを選択して
分離できるフローサイトメーター

化合物を分子量によって分離し、
さまざまな性質や特質を探る

細胞遺伝子工学研究に活用する
多様な特性を持つ植物を培養

遺伝子の大きさは100万分の1ミリ。
ナノの世界を追究する


PAGETOP