対象者別メニュー
アイコン受験生の方へ
アイコン在学生の方へ
アイコン卒業生・修了生の方へ
アイコン一般・地域の方へ
アイコン企業・研究者の方へ
アイコン
アイコン
検索
アイコン
Language
アイコン
アクセス
アイコン
文字サイズ
アイコン
資料請求
アイコン
お問合せ
アイコン
公式SNS
アイコン
PAGE TOP

石川県立大学 > 生物資源環境学部 > 生産科学科

BIOPRODUCTION SCIENCE

生産科学科

イメージ画像
新しい生産技術を開発する
生産のプロフェッショナルへ。
学ぶ対象は、わたしたちの生活と関わりの深い植物や動物です。
これらの生物資源の特性を集団や個体から細胞・分子・遺伝子レベルまで幅広く解明し、
バイオテクノロジーなどの先端科学技術を活用して、生産技術の開発を目指すための教育研究を行います。

学科長ごあいさつ

写真
農業生産分野のリーダーを目指そう!
生産科学科 学科長 橋谷田 豊 教授
生きものと食料生産を科学で結びつけ、安全で付加価値の高い農産物を安定的に生産するための教育と研究を実践するのが生産科学科です。植物生産、動物生産、生産システムと経営経済といった農業の構成要素を基軸とし、国や地域の機関、生産団体等と密接に連携しながら、基礎から応用までの幅広い研究を行っています。とくに石川県の特産品である米、野菜、果樹、花卉さらには家畜のブランド力の強化、また、地域の活性化や新たな雇用を生み出す6次産業化の実現に向けた取り組みも活発です。都市部にある大学とは異なり、近隣の生産現場で教育研究を直接的に行える恵まれた環境にあることも、本学の大きな魅力のひとつです。学生、研究員の興味をより深化させ、わが国および世界の持続可能な食料生産に貢献できる、農業生産分野のリーダーとなり得る人材の育成を目指しています。

コース案内

イメージ画像
生産学科コース
農業技術開発者及び生産者の基礎となる知識・技術を身につけた人材を目指す
イメージ画像
生産環境制御コース
施設栽培の生産環境制御・最適化、ICTの活用に対応できる人材を目指す
イメージ画像
先端バイオコース
バイオ技術を研究開発で活用できる人材を目指す

研究分野

石川県で唯一、農学に関わるほとんどの科目を学べます。
石川県の特色ある農産物を研究テーマにしています。
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

私がココで学ぶ理由

どうして「生産科学科」を選んだのか? 先輩にリアルな声を聞いてみました。
写真
牛島 健輔
生産科学科 3年
出身高校 / 愛知県立阿久比高等学校(愛知県)
昆虫を深く学ぶために本学特有の「ポケットゼミ」に参加し、1年生の時からイナゴについての本格的な研究を進めています。
写真
岸岡 杏奈
生産科学科 4年生
出身高校 / 和歌山信愛高等学校(和歌山県)
農業はもちろん、畜産も学びたいと思って志望しました。実際の農場実習での経験を通して、経済問題の深刻さを改めて考えさせられ、改善に向けた研究が必要だと感じました。
写真
横山 俊亮
生産科学科 2年
出身高校 / 石川県立羽咋高等学校(石川県)
オーストラリアで広大な牧場を持ちたい、世界中の動物と向き合いたいという思いを胸に本校に入学しました。
写真
樋浦 翔子
生産科学科 3年
出身高校 / 栃木県立宇都宮女子高等学校(栃木県)
動物が好きで、畜産について学びたいと思い志望しました。現在は特に地域と連携した「ポケットゼミ(ヒツジ)」の活動に魅力を感じています!
写真
眞島 千尋
生産化学科 4年
出身高校 / 新潟県立新潟江南高等学校(新潟県)
モノづくりの基礎である農業の知識を身につけたいと思い、少人数で専門的に学べる石川県立大学を志望しました。
写真
村山 愛乃
生産科学科 2年
出身高校 / 新潟県立十日町高等学校(新潟県)
就農者の高齢化を改善するために、就農意欲の湧く経営・生産体制が必要だと考え、農業経済・経営が学べる本学を選びました。

    卒業後の進路

    生物資源の特性を解明し、資源や環境などを視野に入れた生産技術の革新は、農業にとどまらず、さまざまな分野へ広がり、この分野をリードできる人材は社会全体で求められています。遺伝子やバイオテクノロジーを応用した農業生産技術はもとより、生物資源・環境を考えた生産技術開発のリーダーとして活躍しています。

    取得可能な資格

    • 高等学校教諭一種免許(理科・農業)
    • 中学校教諭一種免許(理科)
      教職に関する科目を履修することで、大学卒業と同時に「教育職員免許法」に基づき都道府県教育委員会から授与される。
    • 家畜人工授精師「受講・試験科目一部免除」
      都道府県知事の免許を受けて、牛や馬、豚などの人工授精や、牛の受精卵移植などを行うことができる資格。

    主な進路

    • 農業関連企業
      土地改良事業団体、 企業型の農業法人など
    • 製薬・環境系企業
      遺伝子やバイオテクノロジーの技術が求められる企業
    • 食品関連企業
      生物資源を原材料とする事業に携わる企業
    • 総合商社
      生物資源を取り扱う商社 
    • 研究者
      生物資源を対象とする研究開発や各種研究機関
    • 国家・地方公務員
      農林水産省、石川県などの官公庁
    • 教諭
      中学校教諭(理科)高等学校教諭(理科・農業)
    • 大学院進学
      より高度な専門的職業人を養成する大学院
    卒業後の進路

    卒業生インタビュー

    卒業生
    石川県庁
    八田 莉絵(2016年卒業 石川県立小松高等学校出身)
    農業に関わる人たちを支援して、石川県の農業を盛り上げたい
    私は、大学で学んだ知識や経験が活かせて、生まれ育った地元にも貢献できる仕事がしたいと思い、石川県庁技術職の採用試験を受けました。現在は主に、新規就農や移住就農を考えている方の相談に乗ったり、就農したての方に技術や知識を学んでもらう研修を実施したりしています。大学でのフィールドワークの経験やデータ分析技術の習得、さらには基礎から幅広く網羅されたカリキュラムによる体系立てた支援など、4年間の学びと環境が、いま私が仕事をする上での一つの指針になっています。
    
    Translate »