対象者別メニュー
アイコン受験生の方へ
アイコン在学生の方へ
アイコン卒業生・修了生の方へ
アイコン一般・地域の方へ
アイコン企業・研究者の方へ
アイコン
アイコン
検索
アイコン
Language
アイコン
アクセス
アイコン
文字サイズ
アイコン
資料請求
アイコン
お問合せ
アイコン
kendaikyoumu
アイコン
PAGE TOP

教員情報

Teaching Staff

石川県立大学 > 教員情報 > イネの花器官変異体の解析

研究テーマ:関根 政実

イネの花器官変異体の解析

 高等植物の花器官の形成はABCモデルにより説明される。イネのような単子葉植物の花器官の形成もABCモデルで概要は説明されるが、双子葉植物との相違点も見出されている。イネ種子を突然変異誘発剤のEMSで処理したコシヒカリ系統から不稔性を示す系統が分離され、その中の1系統に花器官に異常を示す系統が得られた。この変異体では雄蕊が雌蕊様の器官にホメオティック変異しており、この雌蕊様の器官に袋状の器官が付着するなど、今までに報告されていない表現型を示す。まず遺伝解析によりこの変異が劣性1遺伝子変異によることを確認した。次に、雄蕊が雌蕊に変化するSUPERWOMAN1 (SPW1)遺伝子のゲノム遺伝子配列を決定して、SPW1の変異でないことを確認した。また、発現解析により、この変異体ではSPW1遺伝子の発現が野生型よりも低下していることが明らかになった。現在、in situハイブリダイゼーションにより、SPW1遺伝子が変異体の花器官の形成過程でどのように発現しているかを解析している。


Translate »