対象者別メニュー
アイコン受験生の方へ
アイコン在学生の方へ
アイコン卒業生・修了生の方へ
アイコン一般・地域の方へ
アイコン企業・研究者の方へ
アイコン
アイコン
検索
アイコン
Language
アイコン
アクセス
アイコン
文字サイズ
アイコン
資料請求
アイコン
お問合せ
アイコン
kendaikyoumu
アイコン
PAGE TOP

教員情報

Teaching Staff

石川県立大学 > 教員情報 > 植物の細胞分裂を制御するCDKインヒビターの機能解析

研究テーマ:関根 政実

植物の細胞分裂を制御するCDKインヒビターの機能解析

 植物は多くの環境ストレスに常に曝されていて、これらの環境ストレスに適応するため、細胞分裂を一時的に停止する仕組みがあり、この仕組みには細胞分裂を抑制するCDKインヒビター(CDK阻害因子)とよばれる遺伝子が関係している。CDKインヒビターを人為的に高発現させると、細胞分裂が抑制されて細胞数が減少することにより植物体全体のサイズが小さくなるだけでなく、葉がギザギザになるなど形態変化も引き起こす。さらに、細胞分裂の制御とは別の現象として、花芽形成が早くなることが分かった。現在これらの現象について、分子レベルでの解析を進めている。

 


Translate »