研究所・附属施設・センター

Research Institutes / On-site Facilities / Centers

石川県立大学 > 研究所・附属施設・センター > 生物資源工学研究所

研究所・附属施設・センター

生物資源工学研究所

無限の可能性を追求する地域に根ざした研究拠点 生物資源工学研究所の構成

本学の大きな特徴のひとつが「生物資源工学研究所」の存在です。その名のとおり、生物資源を利用して、社会に役立つ製品や技術を開発していくことを目的とし、「生産科学科」「環境科学科」「食品科学科」の3学科と連携し、地域の発展を支える研究の拠点として機能しています。植物や遺伝子、環境など、さまざまなテーマで研究・開発に取り組む4研究室・1センターで構成されており、中には、地球規模の問題解決へとつながる研究も少なくありません。また、研究機関や地元企業と協力した新産業の創出も積極的に図っています。

将来、活躍が期待される分野

 遺伝子の取り扱いができる技術者として、生産・環境・食品それぞれの分野で新しい産業や研究を切り開く即戦力として期待されています。

主な進路

  • バイオテクノロジー(遺伝子工学)関連の先端技術開発を行う研究者
  • 製薬・化学・食品・農業関連会社
  • 国家・地方公務員
  • 高等学校教諭〈理科・農業〉

研究所長ごあいさつ

生物資源工学研究所 所長
三宅 克英 教授

植物遺伝子機能学研究室

貴重な天然化合物や植物タンパク質を、効率的に植物に作らせるためのバイオテクノロジー研究を行っています。

植物細胞工学研究室

植物を研究対象に、遺伝子組み換えと組織培養による育種素材の開発に取り組んでいます。

応用微生物学研究室

食品分野をはじめ、さまざまな場面で私たちの暮らしと深くかかわっている微生物の可能性を追究しています

環境生物工学研究室

水質・土壌・大気の浄化、難分解性化合物の分解などについて研究しています。

DNA利用技術教育センター

無限の情報と可能性を持つと言われているDNA。その追究に取り組んでいます。


PAGETOP