お知らせ・新着情報

News & Topics

石川県立大学 > 新着情報&トピックス > 新着情報 > 「世界農業遺産を通じた国際貢献に関する覚書」を締結しました[2017.11.20]

新着情報

「世界農業遺産を通じた国際貢献に関する覚書」を締結しました[2017.11.20]

2017年12月1日

 左から仁田支部長,竹本所長,谷本知事,ボリコ所長,山崎学長,熊谷学長

 平成29年11月20日(月)、石川県の呼びかけで石川県立大学を含む関係機関が「世界農業遺産を通じた国際貢献に関する覚書」を締結しました。
 石川県では、今年度から、世界農業遺産「能登の里山里海」を通じた国際貢献として、世界農業遺産の認定を目指す国々や自国の地域振興を図る国々を対象に研修生の受入やフォローアップ等の支援を行う「いしかわ世界農業遺産国際貢献プログラム」を実施することとしています。
 この日は、このプログラムを実施する関係機関の代表者が石川県庁に会し、覚書に著名しました。

【参加者】
・石川県知事 谷本正憲
・国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所 所長 ンブリ・チャールズ・ボリコ
・国際連合大学サステイナビリティ高等研究所 所長 竹本和彦
・金沢大学 学長 山崎光悦
・国際協力機構(JICA) 北陸支部長 仁田知樹
・石川県立大学 学長 熊谷英彦

 


PAGETOP