大学院

Graduate School

石川県立大学 > 大学院 > 博士後期課程カリキュラム

カリキュラム

博士後期課程カリキュラム

自然人間共生科学専攻

自然人間共生科学演習Ⅰ

世界規模での食料不足、地球温暖化や環境汚染による農産物被害、農業後継者と地域活性化など農業を取り巻く状況は様々な課題を抱えている。このため、人・生物・自然が共生・共存した持続可能な農業を行えるように、バイオテクノロジーやIT を利活用した最新技術を従来の技術に取り入れて、生物生産に関する課題を整理・分析・解析さらには解決するための技術と方法論について演習を行う。

自然人間共生科学演習Ⅱ

前世紀からの人間優先思想・科学技術文明を基に、グローバルな市場主義を追求してきた結果、地域環境の破壊・生物生産システムや多様な生態系の持続性に対する疑問など、多くの課題が起きている。このため、人・生物・自然の共生・共存した持続可能な地域環境を構築するため、地域環境に関する課題を整理・分析・解析さらには解決するための技術と方法論について演習を行う。

自然人間共生科学課題研究(研究指導)

高度の専門性を有する職業、業種で活躍できる行動力のある有為な人材を養成するため、課題探求力、科学的・論理的な思考力、先端的な科学技術解析力などの研究開発能力を養うことに重点を置く。このため、自らが選択した専門領域において、問題の所在を探って先端的な研究の課題を見出し、研究計画の立案、調査・実験の遂行を進める中で、科学的・論理的な思考を鍛え、新しい技術等を用いて独創的な解決能力を養う。

生物機能開発科学専攻

生物機能開発科学演習Ⅰ

共生・共存の理を基本理念とし、食品に関する専門的知識と技術を備えた、高度な研究開発能力、指導能力を有する研究技術者の育成を目的とする。

生物機能開発科学演習Ⅱ

共生・共存の理を基本理念とし、生物機能開発科学関連の植物科学、微生物科学に関する専門的知識と技術を備えた、高度な研究開発能力、指導能力を有する研究技術者育成をめざし、先端(モダン)バイオテクノロジーなど先端的科学技術を活用して、食糧、農業、環境、エネルギー、医療などの分野での諸問題を解決する技術と方法論について演習を行う。

生物機能開発科学課題研究(研究指導)

生物機能開発科学に関連した、高度の専門性を有する職業、業種で活躍できる行動力のある有為な人材を養成するため、課題探求力、科学的・論理的な思考力、先端的な科学技術解析力などの研究開発能力を養うことを目的とする。


PAGETOP