石川県立大学 > 入試情報 > 博士前期課程・博士後期課程 アドミッションポリシー

大学院入試

博士前期課程・博士後期課程 アドミッションポリシー

石川県立大学は、平成21年4月に、大学院生物資源環境学研究科・博士前期(修士)課程と後期(博士)課程を同時に開設しました。

本学大学院は、生物とその生命現象、農学と農業生産について深く学び、人類が現在直面する諸課題、生命、資源、食料、環境について、問題点を実践により理解し、自ら解決する意欲を持つ学生を求めています。人と自然環境、人と生物、生物と自然環境、それぞれの間にある関わり合いを科学的に探求し新しい理念を打ち立て、それを地域社会へと還元し役立てる。そのような高い志をもち、清新、闊達、進取の気運に満ち溢れた若人が集うことを、望んでいます。

博士前期課程

生産科学専攻

動植物の生理と生態を、集団、個体、細胞、遺伝子レベルで理解し、バイオテクノロジーなどの先端科学技術を活用して、生物資源が持つ有用機能を利用する生産技術の開発などについて教育と研究を行います。知識の習得に加え実験実習等を取り入れた総合的な教育研究を通じて、企業的農業経営者や地域農業の担い手の育成および自然・経済資源の最適利用とそのための制度・政策形成に資する専門的な能力を獲得することなどを目指します。このような目的に対し高い意識を持って「自ら目標を設定し、問題を見つけ出し解決していく能力を育む」ことに積極的な、そして生物の存続・持続や多様性を維持し、生態系や社会経済制度とバランスのとれた生物生産・食料増産に取り組む高度専門技術者、研究者を目指す、高い志を有する人材を求めます。

環境科学専攻

自然と人間が共生・共存する持続的な地域社会の実現を目的とした教育と研究を行います。土壌・水・大気等の基盤的環境、生物的、社会的環境についての研究を行い、自然環境の保全と修復、自然環境と調和した農業や地域資源の利活用を実現できる幅広い視野と豊かな創造力、的確な判断力を有する高度な専門技術者、研究者を養成します。これらの目標に向かって高い志を有して自己研さんできる人材を求めます。

食品科学専攻

人と生物、人と自然との共生の理念に基づき、バイオテクノロジーなどの先端技術を活用し、食品の新しい製造・流通技術の開発、安全で安心な食の確保や食品機能の解析による健康の維持増進を発展させるための教育と研究を行います。食品に関する専門的な知識と技術を備え、産業界の研究開発部門などで活躍できる高度専門技術者、研究者の養成を目指します。目標を持って研さんする志があり、挑戦の精神がみなぎる人材を求めます。

応用生命科学専攻

最新の高度なバイオサイエンスに関する知識、バイオテクノロジーの先端技術、植物や微生物による生物生産、環境保全、エネルギー生産などについて教育と研究を行います。バイオサイエンス、バイオテクノロジーの研究を通じて、それらに対する理解を深めることに意欲的な人材、その有効利用を環境や人間心理との調和をはかりながら実現することに意欲的な人材、生物資源産業の振興や地域社会の発展に貢献できる高度専門技術者、研究者を目指す、高い志を有する人材を求めます。

博士後期課程

自然人間共生科学専攻

人類社会に投げかけられた様々な問題を国際的な広い視野から見つめつつ、地域に根ざした課題解決の方途を追求することに意欲的な人材を求めます。特に、地域の生物生産、地域環境の維持・保全に関する基礎的研究を積極的に推進し、県内外の試験研究機関および教育機関との共同研究や、様々な交流活動を通しての地域貢献を目指すことに、高い志を有する人材を求めます。

生物機能開発科学専攻

人類の安定した存続・持続をめざす「共生・共存の理」の理念に立って、植物、微生物の未知の有用遺伝子を探索し、遺伝子改変、遺伝子導入により、新しいバイオテクノロジーの展開を図るとともに資源の枯渇に備えた新しい生物資源の創成を行うことに意欲を有する人材を求めます。また、食品の機能に関する研究分野においてバイオテクノロジーを中心に最先端の研究を展開すると同時に、自ら研究課題を考え解決する能力を身につけ、地域の産業振興に指導的役割を果たし、国際的な活躍をも目指す、高い志を有する人材を求めます。


PAGETOP