大学院

Graduate School

石川県立大学 > 大学院 > 環境科学専攻

学びのフィールド

環境科学専攻

Division of Environmental Science

環境や生態系と人間のかかわりを解明する

自然環境の保全と修復を図り、自然と人間が共生・共存する安心・安全で潤いのある地域社会の実現を目的とした教育研究を行う。そして、この分野の進展に貢献する有為な人材を育成するとともに、この分野の問題解決のための、高度な学術研究を展開することを目標とする。

多様な価値観が錯綜する現代にあって自然と調和した持続可能な地域社会を実現するには困難が伴う。その実現のためには、幅広い視野、豊かな創造力、適確な判断力をもって地域社会をリードしうる高度な専門技術者の育成と、研究成果の地域社会への還元が不可欠である。当専攻では、環境に関わる多様な分野の専門家が有機的に連携し、土壌圏、水圏、大気圏等の物理的環境と生物的環境の実態と維持のメカニズム、それらの相互作用、環境と人間活動の関わりの研究を進めるとともに、環境の保全、修復のための高度な知識、技術と倫理観を持った専門技術者を養成する。

上記の目的を達成するため、教育研究の基本単位として以下のような内容の、4つの研究領域を設ける。

田園資源活用研究領域

健康で、生産力の高い持続可能な田園空間の構築を目指す。田園を取り巻く大気、土壌、水の物理・化学量のフラックスを把握・評価し、生態系と調和し、人の生活と生産にとって健全な大気・土壌・水環境を形成するための適正技術やシステム、低炭素技術や再生可能エネルギーの利用法に関する教育研究を行う。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。

生物環境保全研究領域

生物相と調和のとれた豊かな森林・田園生態系の形成を目指す。種子散布など森林生態系における動物の生態系機能、微生物-植物間相互作用の分子生態学、生物多様性の維持機構、人間活動と生態系との関わりについて、さらに、生態系の修復、保全、野生動物管理に関する教育研究を行う。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。

水環境管理研究領域

持続可能な食料生産や農業・農村の多面的機能が発揮できる水環境の保全と管理を目指す。農業農村整備事業で設置される環境配慮施設の開発と順応的管理、農業水利施設の新しい機能診断法および補強・補修工法の開発、地球温暖化と人間活動が流域水資源に与える影響の評価およびその適応策の検討、健全な水循環と物質循環のための合理的な水利システムの管理などに関する教育研究を行う。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。

里山里海創生研究領域

活力に満ち、安全で潤いのある里山社会の形成を目指す。GIS、リモートセンシング、社会学的手法などにより、都市、農村を含む流域レベルの森林、土地、水等の地域資源の利用と管理、資源循環、地域環境情報の解析により、過疎高齢化社会に対応した地域社会の創成、流域ネットワークにおける生物多様性の保全と希少生物の保全対策などの教育研究を行う。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。


PAGETOP