大学院

Graduate School

石川県立大学 > 大学院 > 学びのフィールド > 博士前期課程 > 環境科学専攻

学びのフィールド

環境科学専攻

Division of Environmental Science

環境や生態系と人間のかかわりを解明する

人間活動の結果として悪化しつつある自然環境の保全と修復を図り、自然と人間が共生・共存した、安心・安全で潤いのある地域社会を実現することを目的とした教育研究を行い、この分野の進展に貢献する有為な人材を育成するとともに、この分野の問題解決のための高度な学術研究を展開することを目標とします。
自然と人間が共生・共存した持続可能な地域社会を実現するためには、科学技術が極度に発達し多様な人間関係を有する現代にあっては、幅広い視野と豊かな創造力、自主的な判断力をもって地域社会をリードしうる高度な専門技術者の育成と関連する学術研究の展開、および研究成果の地域社会への還元、普及を図ることが不可欠です。そのため博士前期課程では、環境に関わる多様な分野の専門家が有機的に連携協力して、土壌圏、水圏、大気圏等の環境に関わる生物、生態学、さらには人間の視点にたって環境や生物生態系と人間活動の関わりを解明できる高度専門技術者を養成します。

上記の目的を達成するため、環境科学専攻では教育研究の基本単位として以下のような内容の4つの研究領域を設けます。

環境分析研究領域

農林業地域における環境を構成する土壌、水、大気を対象に、人と自然が共生しうる環境に修復し、その保全に資するため、以下の課題について教育研究を行います。
農業生態系の物質循環について、土壌成分の炭素・窒素安定同位体比の変動を分析して、難分解性有機物・腐植物質の生成機構を解明し、生物生産と環境の相互関係を理解する新しい方法論の開発を図ります。健全な水環境の形成に資するため、農林業地域における水循環及び水質動態を分析して機構解明するとともに、それらの解析モデルの開発などを行います。農業生産ほか人間の活動と相互に影響し合う環境資源である大気環境について、北陸地域を中心に気候変動および酸性雨の実態とその制御機構の解明を行います。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。

生物環境保全研究領域

豊かな生態環境の形成に向け、植物、動物、微生物の生態系について、特に、機能的葉寿命の研究、群落総光合成生産の新しい推定法、田園環境における生物多様性の保全とその維持機構の解析、微生物-植物間相互作用の分子生態学的研究などを行うとともに、人間活動と生態系との関わりを解明し、生態系の修復、保全、環境保全のための教育研究を行います。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。

生産環境管理研究領域

農地の多面的機能が効果的に発揮される環境の整備と、その管理、保全に資するため、農地からの窒素、リン負荷流出と水質浄化対策、農業農村整備事業における環境配慮手法、農業水利施設の保全管理と防災対策など環境に配慮した生産基盤の整備、保全、管理と水利用、多発する自然災害に対する防災対策を解明し、自然と人とが共生した持続可能な食料生産のための農地環境学について教育研究を行います。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。

地域環境システム研究領域

安全で潤いのある活力に満ちた地域社会の形成に資するため、広く都市、農村を含む流域レベルの土地、水等の地域資源の利用と管理、資源循環、並びに気象をはじめとした地域環境情報の収集、解析手法の解明により、過疎高齢化社会に対応した地域環境の創成、GISによる環境汚染マップの作成と環境保全対策、水系ネットワークにおける生物多様性の保全と希少生物の保全対策など、人と自然が共生した持続可能な地域社会の形成のための教育研究を行います。

担当教員

※各教員への問い合わせ先などについては、
kyoumu@ishikawa-pu.ac.jpまでご連絡ください。


PAGETOP